八幡町でカレー「ハラルハブカフェ」本格バングラデシュ料理

仙台さんぽ

仙台は子平町・八幡・国見の子供たちが通学する「国見小学校」に、外国籍の児童向けに日本語教室や補習授業を行う「国際教室」があります。

給食がハラール対応であったり、イスラム教徒の宗教行事である「ラマダン(特定の期間に行う日の出から日没までの断食)」にも対応しており、イスラム教徒(ムスリム)の子供たちが過ごしやすい環境になっています。

ムスリムの方が多いからなのか

ハラール対応などをされているからなのか

どちらが先かは謎ですが、国見小学区にはハラール対応の食材を販売するお店や飲食店がいくつかあります。

今回伺ったのはそのうちの1軒。

仙台のハラール対応レストラン ハラルハブカフェ

作並街道から八幡小学校の通りをのぼったところにあります。

スパイス&チャイ HALAL HUB
(ハラルハブ)

バングラデシュ家庭料理のお店です。

バングラデシュはベンガル語で「ベンガルの国の人」を意味し、歴史的な経緯からインドの西ベンガル州と同じ食文化となっています。

「バングラデシュ家庭料理=ベンガル料理」ってことで良いのかな?

2020年の店内の様子

ハラルハブカフェさんはオープンしたての頃はインド料理でお馴染みの「ナン」や「チキンティッカ」「タンドリーチキン」も出していたのですが、表看板・内装・メニューを進化させながら今の「バングラデシュ家庭料理」に落ち着いています。

2020年にテイクアウトしたタンドリーセット(チキンティッカ・タンドリーチキン・カレー・ナン・ラッシー)、カレーライスとタンドリーチキンセット

インド料理とバングラデシュ料理、なにが違うんだろうと調べてみたのですが、宗教上

インド=牛肉を食べない
バングラデシュ=豚肉を食べない

というのが主で、チキンティッカやタンドリーチキンはバングラデシュではあまり食べられいないそう。

また、窯で焼くナンよりも、鉄板で焼くチャパティのほうが馴染み深い料理のようです。

ハラルハブカフェのメニュー

メニュー表1枚目は、スペシャルセット。

初めての人はこちらから選ぶのがおすすめです。

わたしはアレもコレも食べたくて…

悩んだ結果、定番の3種類のカレーにバスマティライス・チャパティ・サラダが付く3種類のカレーセットをチョイス。

スイーツ&カフェメニューからはマサラチャイとLADDU(ラドゥ)を。

エッグバジィやボルタも注文したかったのですが、この日はメニューになく残念!

注文時は「パクチー大丈夫ですか?」「辛さはどうしますか?」と確認がありました。

メニュー2枚目は日替わりセットメニュー。

この日は川魚のカレーも。

バングラデシュではお魚・お米・野菜がよく食べられているそう。

レギュラーメニューは「チキン」「マトン」「ダール(豆)」のカレー。

学生さんはダールとチキンカレーがサービス価格の770円になります。

ほかに・・・

ジャガイモとタマゴが世界中で当たり前に手に入るのと同じように、戦争のない平和な世界であることが当たり前であってほしいという願いを込めて作った「平和カレー」

ノンシュガーにも対応してもらえるスムージーも。

食後のテイクアウトにもいいですね。

異国感あるオシャレなカフェでバングラディシュの本格カレー

ハラルハブカフェさんはランチが食べられるお店としては早めの10時オープン。

この日は11時頃に伺いました。

日本語堪能で気さくな人柄のマムンさんが「イラッシャイマセ~おひとりですか?」と、お出迎え!

先客はお隣の2人席に1組。

窓の外を眺める1人席が1卓、2人席が2卓、6名掛けが1卓。

以前は厨房の隣に小上りのテーブル席があったのですが、この日はテーブル置いていないようでした。

異国感ありながらもオシャレな内装・外装です!

バングラデシュの音楽でしょうか?テレビからは異国のアーティストが歌う姿が映し出されます。

お店の雰囲気を楽しんでいると、あっという間にお料理が提供されました。

こちらが3種類のカレーセット。

ハラルハブカフェさんは、お料理の盛り付けも素敵なんですよね。

サラリとしたカレーに弾力のあるマトンがゴロゴロ入った「ご馳走マトンの旨味カレー」

マトンの旨味たっぷり。

パクチーもスパイスの1つとして自然にマッチします。

スパイスの清涼感が感じられる爽やかなカレーです。

ホクホクに炊かれた豆がたっぷり入った「3種の豆のダールカレー」

ゆで卵も付いてきました。

お肉のカレー以上にボリューム満点!

「マムン家のスパイシーチキンカレー」

チキンがホロホロほぐれる!

レモンのような爽やかさとスパイスの香味が楽しくていつまでも食べていたい…

チキンカレー良いですね~。スパイスを楽しむならチキンカレーがおすすめです。

カレーは辛さ普通をお願いしましたが、日本人好みの辛さを研究されているのかどれも「普通でお願いすると丁度いい」おいしさ。

舌に痛みを感じない程度の爽やかな辛さで、お肉の旨味やスパイスの香味がしっかりと感じられました。

ダールスープ。

「ライスにかけるとおいしいです」と教えてもらいました。

「マスタード風味サラダ」は、細切り野菜のシンプルなサラダ。

サラダはチャパティでカレーと巻いて食べてもおいしい。

ハラルハブカフェさんのライスは高級バスマティライスです。

ふわっと香るけど、食べるときは邪魔にならない。

食後にマサラチャイ(小サイズ)を。

「甘さ控えめなのでもっと甘いほうが良かったら言ってください」と提供されましたが、日本では丁度良い~甘めくらいかな?

スパイスや甘さのバランスが良く、おいしいチャイでした。

ラドゥはテイクアウトして自宅で。

豆とパスタに使われるセモリナ粉でつくられているそう。

日本人に馴染み深いおやつではドーナツが近いかな?

しっとりしているんだけど、ホロホロポロポロほどけてしっかり甘い。

アーモンドスライスが入っています。

思っていた以上に1品1品ボリューム満点で、途中「食べきれるかな?」と不安に…

食べ終わるころには満腹です!

カジュアルな雰囲気で気軽にバングラディシュ料理を楽しむことができました。

マムンさんはYouTubeでカレーのおいしい食べ方を発信されています。

もっとおいしく食べられるように、次はYouTubeで勉強してから行ってみよう。

仙台市八幡町 スパイシーカレー Halal Hub 店舗情報

店名スパイシーカレー ハラル ハブ カフェ
営業時間金・土・日 09:00~22:30
月・火・水 09:00~15:00/17:30~22:30
定休日木曜日・不定休あり
(SNSでチェックしてね)
住所宮城県仙台市青葉区八幡二丁12-11
電話022-208-3587
公式サイトhttps://www.halalhub.jp/
SNSFacebook/Instagram/Twitter/YouTube
駐車場あり(お店の裏のほう。有料ですがお向かいにコインパーキングもあります)

コメント

タイトルとURLをコピーしました